「 Post rock 」に関する記事一覧(9件)

DISC REVIEW

2016年9月16日

よく語る声、乱数的喧騒にも明朗に響く

rejuvenated half-faceccmmgrアルバムタイトルは「チーチーモモンガー」と読むらしい。今でこそ聞けば我々のよく知る”残響レコードらしさ”を押さえた女性ボーカル変拍子轟音バンドだね、とでも言ってしまえるのだが。なんとリリースは2006...

DISC REVIEW

2015年12月2日

情念を紡いだ弦から零れ出す、思想家のポストロック

sable antelope無響室名古屋を中心に活動する男女混声スリーピースバンド、sable antelopeの1st demo。音楽性としてはポストロック。といってもテクニック偏重では無く、楽曲ごとに確固とした雰囲気、世界観を描き...

DISC REVIEW

2015年11月29日

様々な世界の景色と空気を映す、人力エレクトロニカ

CrimsonWorld scape鹿児島県で結成されたバンド、Crimsonのミニアルバム。Key.福重まりは今年の紅白歌合戦にも出演の決定したあの”ゲスの極み乙女。”のKeyでもある。このバンドは彼女を中心に...

DISC REVIEW

2015年11月20日

表情を隠し紡がれる、無色の色彩に溢れるラブソングたち

TOKYOGUM涙昨年の残響レコードへの所属も記憶に新しい、4人組ポストロックバンドTOKYOGUMの3rdミニアルバム。自主制作の1stミニアルバム、”ONE”では、上質かつステレオタイプな歌...

DISC REVIEW

2015年11月6日

覚醒的煌めき、閉鎖的に完結する叙事詩、波及し続ける残響音

CaspianDust and DisquietExplosions In The Sky, God Is an Astronaut, This Will Destroy Youといったアンビエントポストロックと共鳴、競合するようにして、その音像を...

DISC REVIEW

2015年10月2日

重なるふたつの脈拍は、情動的な流線を為す

eitoTrivial Agony名古屋の4人組ポストロック・インストバンド、eitoの初となる流通音源。”Trivial Agony”以前の自主制作音源から、すでにクオリティの高いテクニカルな楽曲を持ち味とし...

DISC REVIEW

2015年6月30日

朗々たる刹那の感情と多段的変則音楽の交差

Primacasata1st demo東京を拠点に活動する4人組の激情系、エモヴァイオレンス直下型ポストロックバンド、Primacasataの自主制作音源。ポストロックの湧水を慎重に汲み取りつつも、彼らの体内に脈々と流れるのは、まごう事な...

DISC REVIEW

2015年5月11日

青空の下の小さな交響楽団

oono yuukiTEMPESTAS高知県出身の一人宅録ポストロックを起こりとするポストロックバンド、oono yuukiの2ndアルバム。近年多く見られる、タッピングや技巧派アルペジオなどを駆使する、マスよりの少人数型ポストロックでは...

DISC REVIEW

2015年5月3日

壮大さと神秘さに満ち溢れた宇宙に、優しく包まれる感覚

シキサイパズルprismatic telescope東京を中心に活動する4人組バンド、シキサイパズルの1st mini albumにして初の全国流通盤。 シューゲイザーの中でもキラキラした部分だけを切り取った様な浮遊感満載のギターに、 時にゆったり時に...