「 Emo 」に関する記事一覧(13件)

DISC REVIEW

2016年5月6日

90’sエモ通過型ポストハードコアの一つの到達点たる、輝く一番星

Tiny Moving PartsPleasant Livingアメリカはミネソタのスリーピース、エモリバイバルTiny Moving Parts。近々3rdアルバムのリリースを控え、そちらでは今までのような終始テクニカルに展開するアルペジオや各パートの絡みは少し...

DISC REVIEW

2016年4月8日

残響の鳴り止む頃、在りし日の青さは褪せ、記憶となる

ジャズマスターが鳴った後にビコーズアイワズヤングe.p.「愛知県岡崎市からやってきました、ジャズマスターが鳴った後にというバンドです。」   彼らのライブで必ず聞くことになる言葉だ。名古屋を中心に活動しながらも、自分たちのホームタウン岡崎への敬愛...

DISC REVIEW

2016年3月18日

緩やかに、途絶えることなく続く描線の遠景

RenaRENAex-bluebeard, As Meiasのyoshikazuが仕掛ける次なるバンド、Rena。先日満を持して正式なリリース日を迎えたこの音源、一足早く3LAにて購入していたのだが、ようやく彼らにつ...

DISC REVIEW

2016年2月19日

ひび割れた舗装の上を征く、裸足の巡礼者へ

quizkid333齢40のいぶし銀のスリーピースバンド、quizkid。90’sエモを肌で感じてきた三人の男が、永きに渡って各々の精神の中で熟成させたエモーティブを絞り出すようにして演奏する楽曲には、まさに...

DISC REVIEW

2016年2月12日

言葉無くても、声をあげて

hueeasing into emoting栃木発、エモリバイバル/ポストハードコア、hueの1st full。隠そうともしない、エモキッズとしての90’sエモやエモリバイバルへのリスペクトと憧憬が存分に現れる彼らのエネルギッシュな...

DISC REVIEW

2016年2月5日

エモからポップスへと、オルタナティブに駆け抜けた足取りを追って

Further Seems ForeverThe Moon Is Downつい先日、Further Seems Foreverでもボーカルを務めた、ex. Sense FieldのJon Bunchの訃報が報じられた。91年にSense Fieldとして活動を開始し、Sun...

DISC REVIEW

2016年1月5日

永遠に輝き続けるジャパニーズエモの金字塔

bluebeardbluebeard97年結成、2001年解散。残したアルバムはセルフタイトル一枚のみだった伝説的エモバンド、bluebeard。各メンバーののちの活動であるNahtやAs Meias等にもつながる原点的存在であり、Th...

DISC REVIEW

2015年9月25日

新緑の白樺並木と、頬を刺すまだ冷たい風の色

bufferins Corrupt日本の極北、北海道の地に生まれた女性ボーカルを擁するオルタナ、エモバンドbufferinsの1stフルアルバム。同郷のCOWPERSにも通じるような、一本道直通な骨太のエモ、パンクスタイルに、Naht...

DISC REVIEW

2015年9月18日

ジャパニーズエモにおける稀代の突然変異、褪せない名作

As MeiasAs Meias Ⅱ近年のジャパニーズエモ、ポストハードコアを代表する完全な意欲作であり、唯一無二の輝きを放つ傑作。エモに起きた突然変異、As Meiasの最高傑作、2ndアルバム。どこまでも果てのない晴天のような澄み切...

DISC REVIEW

2015年9月6日

肉食獣達の挽歌、土塊の匂いと交じって

Meat Eaters4tracks東京を中心に活動するスリーピースバンド、Meat Eatersの4曲入りdemo。うねるような轟音とエモの影響を受けた情念の篭ったボーカルスタイルに、思わず胸を突き動かされることだろう。あのTHE N...

1 2