「 Alternative 」に関する記事一覧(71件)

DISC REVIEW

2017年4月21日

雑音、騒音? 「No! We play music!!」

Johnny ForeignerWaited Up Til It Was Light イギリスの4人組男女混声オルタナティブロックバンド、Johnny Foreignerのキャリア2枚目のアルバム。昨年は”Mono No Aware”と題した新作を日本先行でリ...

DISC REVIEW

2017年3月10日

疾走の中に寂寞が宿る歌、ソリッドな衝動の果てへ

FOX LOCO PHANTOMPUBLIC EYE東京の5人組、FOX LOCO PHANTOMの2009年発売の3rd mini album。切れ味抜群のオルタナティヴなロックンロールを得意としている彼らだが、このアルバムはタワーレコード限定版とい...

DISC REVIEW

2017年2月24日

感情を隠す、ノイズにひそめる言葉遊びの尾びれを掴め

Climb The Mindチャンネル3前作、つまり前アルバムである”ほぞ”は2010年10月10日発売。そこからおおよそ6年半、出るのか出ないのかとリスナーを存分にやきもきさせる時間だっただろう。名古屋から世界に向...

DISC REVIEW

2017年2月17日

ウェットなエモーションを掻き立てる、ポップパンク由来のオルタナアルバム

SHAKALABBITSCRIMSON SQUARESHAKALABBITSの2005年発売の3rdアルバム。スカパンクバンドとしてデビューした彼女たち。ちょうど2000年代初頭の青春パンク、スカブームの波に乗っかり(175Rとのコラボシングルも経て)...

DISC REVIEW

2017年2月3日

頬を刺す北の風と、初春に焼け付く歌う叙情

Sore EyelidsSore Eyelids もしかしたらギターの音で既にピンときている人もいるのではないだろうか。本日のレビューはSore Eyelids。泣く子も黙る北欧激情最高峰、Suis La LuneのGt/Vo. Henningのサ...

DISC REVIEW

2017年1月6日

夜会がなくとも、情歌に人は寄り添い、踊る

草東沒有派對醜奴兒新年最初の更新です。 年末のコラムを読んでくれた人は察しがつくアルバムだとは思いますが、僕が去年の10枚に挙げておきながら、レビューをしていなかった痛恨の一枚です。 台北を中心に活動し、日本でほとんど...

DISC REVIEW

2016年11月30日

和製オルタナの第一人者、ポップに褪せた日々を描く

dipSUPERLOVERS IN THE SUN日本のオルタナティヴ・ロックバンド、dipの1997年発売のシングル。切れ味の鋭い轟音サウンドで日本のオルタナティヴロックを牽引してきた彼らだが、この時期はどちらかというと攻撃性や轟音は息を潜め、空虚...

DISC REVIEW

2016年11月17日

ニヒルなサイケデリック、鮮烈な脳内ループへ

ハシグチカナデリヤその名はハシグチカナデリヤ2017年1月にメジャーデビューが決定した、ハシグチカナデリヤのインディーズ1stアルバム。ループマシンを巧みに利用した重厚でサイケデリックで切れ味が鋭いサウンドと、独特の色気を放つ歌声、佇まいが特徴...

DISC REVIEW

2016年10月26日

閃光ライオットの最終兵器、雑多な地下ネガティブ・ポップ

挫・人間非現実派宣言閃光ライオット2009の決勝進出者の状況はこの7年間で大きく動いている。GLIM SPANKYの活躍は目まぐるしい一方で、優勝したSHIT HAPPENINGやThe SALOVERS、Bob is ...

DISC REVIEW

2016年7月28日

退廃と幻想の中間点、静と動の呼吸音を

CONDOR44db日本のオルタナティヴ・ロックバンド、CONDOR44の2ndアルバム。ジャパニーズオルタナの総本山とも言えるUK.PROJECTからのリリース。時に切れ味鋭い轟音ギターで疾走し、時には浮遊感全開のギタ...

1 2 3 4 5 6 7 8