「 Alternative 」に関する記事一覧(71件)

DISC REVIEW

2017年9月2日

ビートとビートの隙間で、暴走するナードライオット

0.8秒と衝撃。エスノファンキードフトエフスキーカムカムクラブep日本のナードオルタナバンド、0.8秒と衝撃。の2ndアルバム。ハードコアだったりテクノだったり歌謡曲だったりポストロックだったり曲毎、いや時に曲中にもめまぐるしく色を変えるある種のごった煮感が楽しい。...

DISC REVIEW

2017年8月25日

旅路を終え、靴裏に詰まる小石に次の旅路を思う

スーベニアThink Twice彼らの出発点であり、いわば原点であった1st demo、『Short Pieces』がリリースされたのは、2016年7月。それからわずか一年、11の新たな言葉を紡ぎ、彼らスーベニアは、日本の新しいオル...

DISC REVIEW

2017年8月11日

先駆ける早馬よ、藍色の流星の尾を追え

GueLuminous京都発、心を揺るがすギターオルタナティブ、Gueの3rdミニアルバムが先日リリースされた。1stミニアルバム、『Inside』のリリースはおおよそ3年前となる2014年9月。そこから2016年5月の2...

DISC REVIEW

2017年8月4日

砂上のつむじ風と、薄曇りを割く燐光の流線型

Cookie Romance NonsugarShell e.p.名古屋で活動する4人組オルタナティブロックバンド、Cookie Romance Nonsugar。その2作目となる、”Shell e.p.”が先日リリースされた。結成は2015...

DISC REVIEW

2017年7月21日

薄墨を流す空模様に、群青の切れ間を待つ

Cloud NothingsLife Without Sound   Cloud Nothings、キャリア4枚目となるアルバム。僕は彼らの音楽を聴くのは2ndアルバム『Attack On Memory』以来で、実は3rdアルバムに関してはスルーしてしま...

DISC REVIEW

2017年7月7日

曖昧な明暗に緑の影を落とす、薫蒸の木立

Death HawksSun Future Moonダウナー系ドラッグな世界観を静かな狂気で表現する、フィンランドの4人組サイケデリックバンド、Death Hawks。静かに繰り返されるかみごたえのあるアルペジオリフとスペーシーなシンセサウンド、過剰に...

DISC REVIEW

2017年7月6日

薄明に感傷を委ね行く、夜明け前の低空飛行

SCARLETREFLECTION日本のスリーピース・オルタナティヴ・バンド、SCARLETの2009年の作品。Gt.Vo.橋本洋介とBa.Vo.林束紗の男女ツインボーカルが売りのバンドだが、このアルバム以降は林束紗をメインボーカルに...

DISC REVIEW

2017年6月2日

初期THE BACK HORNの集大成、絶望の先にある優しさ

THE BACK HORNヘッドフォンチルドレンTHE BACK HORN、メジャー4thアルバム。1st「人間プログラム」と言う絶望を吐きまくる名盤で鮮烈なデビュー。続く「心臓オーケストラ」では緩やかな絶望をじわじわと吐き出し、3rd「イキルサイ...

DISC REVIEW

2017年5月26日

言葉よ、今、未来、あの日の君へ

Liaroid CinemainletPAGE最近皆さん熱い気持ちになっていますか?リリース当時、スピーカーから溢れ出るあまりの熱量に圧倒され、今なお聞くたびに胸の奥に熱い炎を灯してくれる、大阪の感情直下オルタナティブ5ピース、Liaroid C...

DISC REVIEW

2017年5月19日

回帰的新生を果たす、砂の海からの手紙

cinema staff熱源まさか僕がシネマのレビューを書くとは。基本的にこのサイトのスタンスとしては、やはり僕たちが知っているけどみんなが知らないいい音楽がたくさんあることを伝えたいってのが一番根幹なんですが、今回このアルバム...

1 2 3 4 5 6 7 8