「 Power Pop 」に関する記事一覧(9件)

DISC REVIEW

2018年9月9日

4つ切りの窓の向こう、何気ない空と人と歌がある

Seal PupDifficultiesUSはアトランタ在住のJake Cookによるソロプロジェクト、Seal Pupの1st album。 最近、というかついぞ昨日友人と、 「今はサブスクの時代だけど、結局白盤とかでCDを作って、物販で...

DISC REVIEW

2017年7月21日

薄墨を流す空模様に、群青の切れ間を待つ

Cloud NothingsLife Without Sound   Cloud Nothings、キャリア4枚目となるアルバム。僕は彼らの音楽を聴くのは2ndアルバム『Attack On Memory』以来で、実は3rdアルバムに関してはスルーしてしま...

DISC REVIEW

2016年6月29日

過ぎ去りし虚無を再び迎え撃つ時、音楽はどこまで蒼然と居られるか

my exhomework京都のインディー・ロックバンド、my exの1stアルバム。エモやパワーポップ、オルタナにシューゲイザーといったジャンルに影響を受けた清涼感のあるサウンドながら、ナードなルーザー気質から来るふらふら感...

DISC REVIEW

2016年5月23日

泣き虫ナードが放つ、2016年のブルーアルバム

ナードマグネットCRAZY, STUPID, LOVECDをトレイに入れ、トレイを閉じる。再生ボタンを押す。ギターのハウリングが聞こえて来る。「あれ?”Tired of Sex”?」と思ったところで、疾走するベースラインの登場によって、僕の思考はナードマ...

DISC REVIEW

2015年12月15日

汗と涙と牛乳の、原点的一枚

YOGURT-poohアントニオ和製Weezerとの呼び声も高い、00年代ギターロック初期を駆け抜けたパワーポップ、オルタナバンドYOGURT-pooh。今回レビューするのはインディーズ時代リリースの1stミニアルバム。メジャーデビ...

DISC REVIEW

2015年11月21日

パワーポップ通過型ギターポップの一つの到達点

polyABCinprint****日本の男女混成ギターポップバンド、polyABCの2006年発売のアルバム。元ナイスマーブルス、popcatcherのアベ・マサトを中心に結成されたバンドである。popcatcherに関しては、BEA...

DISC REVIEW

2015年10月8日

過去に、今に、或る筈だった未来に。薄い膜を張る憂鬱と虚無

フジファブリックCHRONICLEフジファブリック、2009年発売の4thフルアルバム。それまでの変態プログレポップ路線は薄れ、バンドのメインコンポーザーを務める志村正彦の内面を綴ったような内省的でストレートな楽曲が目立つ一枚。そして...

DISC REVIEW

2015年7月28日

ネクラティーンエイジ集約型タッピングポップパンク

QOOLANDそれでも弾こうテレキャスター左右からピロピロとやかましいタッピング奏法の応酬と、ピッチの不安定さが変に耳につく、ボーカル平井拓郎の歌の無駄なキャッチーさが、嫌でも聴く者の脳内四畳半に土足で上がりこむ無遠慮ギターロックバンド、QO...

DISC REVIEW

2015年5月22日

さようなら今日という日のわたし

paioniaさようならパイオニア僕の知る限り最も心をえぐるバンド、paioniaの1st ミニアルバム。まさにWeezerからの影響を隠そうともしないオルタナティブでルーザーなサウンドは、イントロから僕らに眠る負け犬精神を凄まじくほ...