「 Post Hardcore 」に関する記事一覧(50件)

DISC REVIEW

2018年7月16日

切り出し、崩れ落つ零下の相剋

OlšeСети 連日暑い。こんな暑い日には何をするのが一番か。そう、ハードコアを聴くのが一番である。 本日紹介するのは、ロシアはサンクトペテルブルク発の北欧激情直下ポストハードコアOlše。 北欧激情はそもそも僕が大...

DISC REVIEW

2018年5月15日

スムースなモダン・スクリーモの発展系が一つ

KitsuneUninvitedだいたい二年前くらいの話なのだけど、こういうコラムを書いたことがあった。Kitsuneという海外のバンド2バンドに焦点を当てた記事だったわけなんだけど。当時djentyなスクリーモをやってたカナダのK...

DISC REVIEW

2018年2月25日

落ち窪んだ瞳とざらついた心情の裂ける形

Crooks UKAre We All The Same Distance Apartイギリス発のスクリーモニュージェネレーション、Crooks UKの2015年作。バンド名で被ったのか知らないけど、名前の後ろに出身国を並べるという異例のダサい改名を行なった彼らだが、もちろん音楽性はダ...

DISC REVIEW

2018年2月10日

淡く紫に薫る、ひとひらの光芒、醒めることなく続く

wakamiyaawa e.p.wakamiyaというバンドは、僕が知る間でも大きくその形を変えてきたバンドだ。僕がこのバンドと出会ったのは、確か2012年だかそれぐらいで、僕の友人が、地元のライブハウスへ自主企画で招いていた時に見...

DISC REVIEW

2017年11月10日

明滅を追う、新しき時代の一投足

Vivre Sa VieDemo突然ですが、みなさん、skramzという言葉知ってますか。僕は、bandcampでエモヴァイオレンスとかをタグで探している時に見かける言葉だなー、なんかその辺の周辺ジャンルの名称なんだろうなぐらいの認...

DISC REVIEW

2017年10月13日

はじめまして、耐えることなき日々の体温よ

i have a hurtdeep slumberi have a hurt。痛みのあるバンドだと僕は思っている。彼らのライブを見たのは一度きり、数年前のことだったかと思う。全ての言葉も叫びも、悲痛な祈りさえも全てを覆い隠し、感情だけがただ耳を壊すご...

DISC REVIEW

2017年6月24日

揚々と踏み鳴らすステップと初夏の薫風によせて

HikesLilt 現在The Fall of Troyとともにジャパンツアーを回っている真っ最中の、USテキサスはオースチンの若手マスロッキン、Hikesの最新作。冒頭に載せたこの動画の楽曲、”Sprin...

DISC REVIEW

2017年6月9日

切り裂く叫びと落涙は、のちの芽吹きの呼び水へ

BoneflowerI'll be the Bones, You'll be the soul本日紹介するのは、スペインはマドリードの激情系ハードコアバンド、Boneflower。そもそも知ったきっかけは、youtubeでFazerdazeとか漁ってた時に出てきた、Ordesaというスペインの...

DISC REVIEW

2017年5月26日

言葉よ、今、未来、あの日の君へ

Liaroid CinemainletPAGE最近皆さん熱い気持ちになっていますか?リリース当時、スピーカーから溢れ出るあまりの熱量に圧倒され、今なお聞くたびに胸の奥に熱い炎を灯してくれる、大阪の感情直下オルタナティブ5ピース、Liaroid C...

DISC REVIEW

2017年5月12日

鳥籠から覗く、潤んだ鈍色の感傷

Suis La LuneQuiet, Pull The Strings!ついに来日してしまう、北欧、もとい激情全シーンの宝、Suis La Luneの1stフルアルバム。思えばこのバンドと出会ったのはLast. fmがきっかけだった。何気なくマイページを覗くと、一通のメッ...

1 2 3 4 5