「 Indie Rock 」に関する記事一覧(59件)

DISC REVIEW

2019年3月25日

かつての陽光は白亜に宿り、月下にて冷光を放つ

CopelandBlushing アメリカはフロリダ出身のビューティフル・エモ、Copelandの4年ぶりとなる新作。このバンドを聴くきっかけとなったのは、去年colormalのメールインタビューを敢行した時に、彼が自身の楽曲のリフ...

DISC REVIEW

2018年11月23日

沙汰待ちの子ねずみと、張り付くチューインガムの甘い香り

Peach PitBeing So Normal2016年結成(!)、カナダはバンクーバーの4人組インディバンド、Peach Pit。昨年発売された1st album、”Being So Normal”のレビューです。 さて...

DISC REVIEW

2018年9月9日

4つ切りの窓の向こう、何気ない空と人と歌がある

Seal PupDifficultiesUSはアトランタ在住のJake Cookによるソロプロジェクト、Seal Pupの1st album。 最近、というかついぞ昨日友人と、 「今はサブスクの時代だけど、結局白盤とかでCDを作って、物販で...

DISC REVIEW

2018年7月9日

凪とともに匂い立つ潮と、冷たい霧、輪郭の息遣い

Fog LakeCaptainカナダのニューファンドランドのAaron Powellによる宅録プロジェクト、Fog Lakeの最新作。ニューファンドランドは、カナダの東海岸に位置する島であり、海洋性気候ではあるものの、寒流の影響を...

DISC REVIEW

2018年5月29日

沈む夜半に、衣擦れの間を埋める吐息と残響

Now, NowSaved僕実はNow, Nowがすごく好きなんですよ。いや、知ってたかもしれないんですけど、すごく好きなんです。初めて彼女たちの音楽を聞いたのは多分3年くらい前で、     この動画を見...

DISC REVIEW

2018年4月29日

波乗りのナードボーイズとぬるい水しぶき

Surfer BloodSnowdoniaアメリカ、フロリダより4人組インディ・サーフ・ロック、Surfer Bloodの4thアルバム。2009年にデビューシングルをリリース後、USインディの一角として進んできた彼らだったが、初期メンバーの...

DISC REVIEW

2018年2月4日

吹き出す汗も、白地に落ちれば色を映す

microwaveStovallアトランタの4人組オルタナティブロックバンド、microwaveの1stフルレングス。オルタナ・インディーのくくりって難しいなって思いながら、インディーロックの中でも他のジャンルの要素が垣間見えたりす...

DISC REVIEW

2018年1月19日

卓上に鳴る、問わず語りと眼差しの揺れ

colormalmerkmal僕がcolormalという音楽家のことを知ったのはごく最近のことで、年末にbookshelf distroのメールボックスに届いてたレーベルインフォを通じてであった。メールをもらってからもしばらくは触...

DISC REVIEW

2017年12月14日

歪でファニーなハリネズミ、ノイズで世界を撃つ

HedgehogTesla / Surf with Shark中国・北京で活動するオルタナティブ・ロックバンド、Hedgehog (刺猬)の2016年のEP(ただし再録中心。)。シューゲイザーやグランジ、ガレージなどの影響を受けた重厚感のあるギターが売りの一つだ...

DISC REVIEW

2017年12月7日

平均年齢20歳!衝動と技巧で織りなすエモーション

SUNNY CAR WASH週末を待ちくたびれて宇都宮出身のスリーピースロックバンド、SUNNY CAR WASHの1stアルバム。未確認フェスティバル2017で審査員特別賞を受賞するなど、まだ20歳かそこらの若さながら今全国的に注目を集めているバ...

1 2 3 4 5 6