特集記事

2018年5月13日

interview corner of kanto meets cllctv.

2017年12月に、1st albumをリリースし、インディペンデントなレコードショップやディストロを中心に熱い注目を浴びてきたバンド、corner of kanto。今回は1st album『昼の庭』の全国流通の開始を目前に控えた彼らにインタビューを敢行し、彼らの音楽遍歴や、corner of kantoという音楽の成り立ちの根本に迫った。

特集記事

2018年3月24日

mail interview colormal meets cllctv.

2018年最初の衝撃とも言える宅録アーティスト、colormalの道しるべとなる作品、merkmalのリリースに際して、インタビューを敢行しました。

特集記事

2017年10月29日

cllctv.企画 Bookshelf vol.3

cllctv. 主催企画、『bookshelf』も気づけば今回で3度目の開催となりました。僕たちの活動の何よりのエネルギーは、素晴らしい音楽がバンドの元から僕たちのところへ日々届いてくるという素晴らしい今の環境であると言えます。

特集記事

2017年10月8日

mail interview Gue meets cllctv.

今回は『Luminous』のリリースを受け、Gt/Vo.谷さんにお話を伺います。これまでのオルタナ志向から少し舳先を変え、よりポップでマスに訴えかけるように鳴る彼らの新作ですが、そこにはどういった意志があったことだったのか。バンドの成り立ちや音楽のルーツを探りながらも、色々と興味深い話を伺うことができました。

特集記事

2017年5月14日

対談:中古市場とリスナーの関係性

「中古市場」。cllctv.のライター二人が当たり前のように利用してきた市場。それでいて、他方では全く利用しないというリスナーも少なからず居る市場。リスナーと音楽とを介在する一つの大きな手段である中古市場の利用実態及びリスナーの考え方。Twitterでのアンケートを元に、cllctv.のライター陣で対談した。

特集記事

2017年5月7日

cllctv.企画 Bookshelf vol.2

3/19、cllctv.二度目のイベント「bookshelf vol.2」を行いました。今回のイベントに出て頂いた4組はオルタナティヴでポップ、そして温かさの中に毒素が息衝いている4組。昼間のハポンにぴったりのさらりとした空気感ながら、終わった後に色濃い感情を残してくれる4組を集められたと思います…

特集記事

2017年3月16日

cllctv.企画「bookshelf vol.2」

cllctv.企画「bookshelf vol.2」
act. ベランダ、ナツノムジナ、Ophill、クッキーロマンスノンシュガー
2度目の自主企画、鶴舞K.D ハポンにて!名古屋から2組が決定!デイイベント!

特集記事

2016年12月2日

sassya- meets cllctv. -mail interview-

鋭利でジャンク、感情を荒立たせる衝動でリスナーに切り込むオルタナティブトリオ、sassya-。10/12、ついに産み落とした1stフルアルバム、『non communication』に見えた彼らの現行での集大成。そこに込められた感情や意思とはなんだったのか?Vo/Gt. 岩上氏を招き、メールインタビューを行った。

特集記事

2016年11月13日

対談:「CD不況」「サブスク」時代の音楽との関わり方

特集記事

2016年7月15日

cllctv.企画 / Gue、ベランダレコ発イベント Bookshelf vol.1 ライブレポート

突然の大雨が降ったのは、ほぼ開場と同じ17時ごろ。イベントに暗雲が立ち込める雨だったが、終わった今思えば、僕が確信しながらも、杞憂を抱き続けていたこの日の成功への、まさにその杞憂の部分を洗い流してくれる雨だったのかとも思う。
2016年7月3日。cllcdv.というサイトを一年間動かしてきた我々にとって、この日は、有り体に言うならば集大成。僕にとっては一年頑張った僕自身への、ご褒美のような1日だった。

prev next

NEWS


NEW

DISC REVIEW

2018年11月4日

パステルカラーに映えた、あの日のがらくた箱から

Golf - EP

GOLF

DISC REVIEW

2018年10月13日

熱き瞼に入れ替わり、胸突く想いに立ち替わり

群青

SEMENTOS

DISC REVIEW

2018年9月29日

地に馴染む橙と切れ間無き道に思いを馳せて

空の下、足の先

猿ダコンクリート

DISC REVIEW

2018年9月9日

4つ切りの窓の向こう、何気ない空と人と歌がある

Difficulties

Seal Pup

DISC REVIEW

2018年9月3日

白き病棟と黒い雨、静かに瞼を侵す

Futility Report

White Ward

DISC REVIEW

2018年8月25日

脈動する星々と、零れ落ちる夜空、粟立つ地平

After Dark

Ulm

COLUMN

2018年8月19日

山の子がいく、都市型フェス。踊る踊らないの押し問答

みなさんこんばんは。 早速ですが、今はサマーソニック2018の真っ最中ですね。mastodonとか、friendly firesとか、Tame Imparaとか見たかったな。そして昨日はその前夜

DISC REVIEW

2018年8月14日

音楽への愛をカバンに詰めて、いざ黄金の未来へ

GOLD FUTURE BASIC,

住所不定無職


PICKUP REVIEWS

Wasser Kommt Wasser Geht

Captain Planet

STARGAZER ORCHESTRA

1000say

Absolute POLYSICS

POLYSICS

DIVE

DATS

ロックブッダ

国府達矢

JAKAJAAAAAN!!!!!

住所不定無職

Waited Up Til It Was Light

Johnny Foreigner

SIREN

平沢進


TAG LIST


ARTIST


FOLLOW ME!